幼稚園の先生になって1年目(新人保育士のお仕事)

 私は短大を卒業して、家から近くの幼稚園に就職しました。私が入るのと同時に5人ベテラン先生が辞めることになっていたので、同期は5人いました。みんな同じ年で、雰囲気は違いましたが、明るくて、いい子ばっかりですぐに仲良くなれたので、これから楽しそうだなって思っていました。しかし、幼稚園の先輩先生からしたら、5人も先生が辞めたから、すごく心配していたみたいで、私たちが入ってきてキャピキャピしていて困ったみたいです。

 1年目から担任を持たせて頂き、嬉しさもあったのですが、不安でいっぱいで初日からうまくいかず、終わった後にぼろぼろ泣いて反省していました。無我夢中で一生懸命していたのですが、それでも実際まだ学生気分が抜けていないのもありました。平日でも遅くまで遊んでいたり、先輩にも慣れ慣れしくしてしまったり、会議中に寝そうになってしまったり・・・失態を思い出すとすごく恥ずかしいです。でも、自分で気づく事もできず、行事前にしびれをきらした先輩達に5人全員呼び出されて、注意を受けました。5人の中でも私が1番気に障ったみたいでした。駄目だったことにいろいろ気づき、反省し、言ってもらえてよかったなって本当に思いました。おかげで行事も無事成功し、頑張っていたねと先輩達にもたくさん褒めてもらえました。今思うと、言う側も緊張するし、できたら言いたくなかっただろうなと思うと、言ってくれてその後フォローもしてくれて、良い先輩に恵まれていたなと思います。

 保育はいろんな事を試してやってみたり、姉も保育士だったのでアドバイスをもらったりしながら、頑張っていました。初めはなかなか部屋に入ってくれない子もいましたが、徐々に打ち解けてくれて、笑顔が見られるようになり、初めてクラスのみんなと同じように集まって座ってくれた時には感動しました。すごく甘えたでいつもくっついている子、内気でなかなか思いを言えない子、何度注意しても聞かない子、わがままな子など、いろんな子どもがいたのですが、どの子も私にとって初めてのクラスの子どもだったので、可愛くて可愛くて仕方ありませんでした。1年目の子はきっと1番愛情を注いでいたと思いますし、思い入れも深いです。行事の度に達成感と子ども達の成長に号泣していましたからね!いつしか、泣き虫先生と言われるようになりました。

 保護者の方も1年目の私に優しくして下さり、幼稚園に長く通っているお母さんはこうしてほしいという要望も嫌な風でなく言ってくれたり、一緒に喜んだりできて、本当に大変だったけど楽しくて、すごく濃い1年でした。

 1年目の良いところは、何事も一生懸命頑張るところだなって思います。初めの私はそれが少し欠けていたのだと思いますが、子どものために頑張っていれば周りは必ず認めてくれます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です