幼稚園教諭、保育士の仕事は大変で激務!?

 「幼稚園の先生って楽しそうだね」「子どもと遊んでいるだけ」なんてたまに言われますけど、それだけではないです!!大変で激務と言ってしまうとなりたいと思っている方が嫌になってしまいそうですが、やっぱり8年間働いても正直大変です。

 

 何がそんなに大変なのか?

  

 まずは、朝が早い!!私の幼稚園では7時半には出勤して、バスに乗って子どものお迎えに行っていました。バスはバスの先生がいる幼稚園もあるので、バスに乗らないところはもう少し遅いのかもしれませんが、今は早朝から預かったりすることも多いので、大体が遅くても8時半くらいまでには出勤だと思います。

 

 他には、毎日のする事を考えて、用意しておかなければなりません

 毎日同じことなんて子どもは飽きてしまいます。しかも、1日の中でもずっと同じ事ができるほど集中力はまだないですし、いろんな事を取り入れなければなりません。幼稚園によっては、学年ですることは決まっているところもありますが、それも事前に話し合ったりする時間がいります。

 準備にたくさん時間を要するのです。

 それも毎日の事だけでなく、行事の前になるともっと大変です。行事に向けての準備は細かいところまで確認したり、作ったり、先生たちみんなでするから、気を遣ったり・・・といろいろ大変なのです。特に制作発表会の時は遅くまで残って作ったりしているところが多いみたいですよ。

 

 あと、週案、日案、お帳面やクラス通信など、事務的な仕事もあるのです。私はいつも、月末は仕事に追われていましたね・・・(;△;)泣 上手に計画を立てたり、時間を有効に使って仕事をこなしていかないといけません。

 また、子どもに何かあったら、保護者へ連絡したりもします。

 

 とにかく、子どもと遊ぶ意外にも、しないといけないことがたくさんなのです!!!!

 

 でも、その分、返ってきますけどね。

 楽しい事を考えると子どもは喜び、笑顔になります。

 行事前の準備を頑張ると、子どもも頑張ってくれて、達成感を感じられます。

 週案、日案、話し合いがあるおかげで、保育がうまくいきやすいです。

 話し合いのおかげで、先生同士での絆も深まります。先輩はたくさん頼るべし!!

 クラス通信や保護者への連絡を密に取る事で、保護者との信頼関係が築けます。

 

 大変で激務ですが、子どもたちは頑張った分だけ応えてくれます!!

 だから、私も8年間、楽しく過ごしてこれました。子どもの笑顔と成長が私のパワーの源でしたよ。幼稚園の先生や保育士目指している方は、激務だからと諦めないで、それ以上に得られるものを期待して頑張ってほしいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です