保育士採用試験の履歴書の書き方

保育士採用試験の時に必要な履歴書。履歴書は会った時の第一印象と同じで、履歴書を見た時に印象が良いか悪いかで評価は大きく変わります。履歴書を書く際に気をつけた方が良い事、上手にアピールする書き方を紹介したいと思います。

 保育士採用試験の履歴書はほとんどが手書きです。なので、履歴書は自分が書ける1番の綺麗な字で書くように心がけましょう。汚いからと言って人に任せるのは駄目です。入ってからすぐにバレて、嘘をつく人だと信用がなくなります。綺麗に見えるように書くコツとして、文字と文字の間隔を揃えるようにして書くとまとまって見えます。

 学歴も職歴も一緒です。抜け漏れ、嘘偽りがないようにしましょう。また、略語は印象が良くないですので、長くなってもきちんと正式名称で書いて下さい。あとは、下書きをして、間違いがないようにし、心を込めて書きます!

 写真は必ず3ヶ月以内のものにしましょう。何年も前で全然違うもの、褪せているものなどを使うとそれだけで怠っているとみなし、意欲を感じません。清潔に、身だしなみを整え、さらに、明るく爽やかさが出ていると好印象ですね!機械でなく、写真屋さんと相談して、撮ってもらうと良いですよ。

 免許や資格を書く欄では、取得した順に書きましょう。たくさんあって欄に収まりきらない場合は、保育士で生かせそうな資格を優先して書くと良いです。資格取得に向けて勉強している最中の方は、それも記入した方が良いですが、取得する予定の時期も一緒に記入しておきましょう。

 趣味・特技欄は絶好のアピールチャンスです。パッと思いつかなくても、何か保育士で生かせる様なことを絞り出して記入しましょう。例えば、ピアノ、絵、ダンス、歌、手芸、製作など良いと思いますし、運動系でも体力があるんだと思ってもらえます。テニス、フットサル、バスケ、マラソンなど、何か少しでも出来る方かなと思う事は趣味・特技にしてアピールしましょう!

 そして、1番悩むのが志望動機ですね。志望動機は今から挙げる大事な点をまとめて書くようにしましょう。

 園の方針、求める人材を把握して、受けようと思っているか

 この園で働きたいという熱い思いがあるか

 働いてからの目標、やりたいことが明確になっているか

ということを試験官は見るので、その3つをしっかり理解し、まとめるようにしましょう。

「子どもが好きだから」「家から近いから」「園の方針が良かったから」なんて理由は安易すぎます。

具体的に自分の言葉で書くようにして下さい。この園でなければいけない!という気持ちが伝わると好印象に思いますからね。希望する園の良いところ、園でしかできないことを含めて、書くとより良いでしょう。

 

 履歴書を書くのは緊張しますが、間違えたら必ず、書き直しましょう。また、それを見て面接すると思いますので、提出する履歴書のコピーを取っておいて、それを見て面接の練習をしておくといいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です