独学で合格!子育てしながら保育士免許取得の方法

私のお友達の保育士になった時の体験談です♪

 

私は娘の子育てをきっかけに保育士になろうと思いました。

「子育ては楽しい!もっとこの子に何かしてあげたい」と最初は我が子の成長を楽しむと共に手探りで勉強してきました。ベビーマッサージ、ベビーサイン、ベビーヨガ、心理学、様々な子育て方法。講座に行ったり、本を読んだりしてこの時期はこういうことをしてあげようなどたくさんのことを学びました。

そして、娘が2歳の時に「保育士になろう」と決意しました。決意したのはいいのですが、私は専業主婦で学校に行く時間もお金もありませんでした。通信も考えましたがやはりこちらも予算オーバーの金額でした。とりあえず本屋へ行き参考書を調べて購入しました。この時に知ったのですが、保育士試験は専門分野が10教科あり、それにすべて合格してからやっと実技へと進めるという長き道のりでした。そして3年間の期限付き。

子育てしながらの勉強が始まりました。まず勉強時間の確保が難関です。専業主婦ですので一見時間があるように思われがちですが、常に2歳児と一緒に行動です。まだまだ目が離せないし、一人で長い時間遊べるわけでもないし、テレビを見せ続けるのにも抵抗がありました。私は早朝の時間を勉強時間にあてました。いつもより1時間早く起きて1人で静かな時間を利用して勉強するのです。自分の好きなお茶を入れ自分時間の確保です。

後は、午前中に公園などに連れて行き、思いっきり遊ばせて疲れさせ午後はお昼寝の時間に勉強しました。添い寝しながら自分も寝てしまうこともありましたが(笑)試験前の週末には夫に娘を預けて図書館にこもって勉強しました。そうやって毎日少しずつですが勉強を積み重ねていきました。私は2冊の参考書をひたすら繰り返しやりました。知らない用語は調べ自分だけのノートを作りました。ネットで予想問題や毎日問題が配信されるメルマガなども活用しました。そして、1年目に10教科中8教科合格することができました。2年目には残り2教科の勉強と実技への取り組みです。実技はピアノ、読み聞かせ、絵画の3つから2つを選択して試験を受けます。実は私はピアノをまったく習ったことがありませんでした。音符も読めないし音痴。。。でも、ピアノは課題曲2曲が事前に分かっていて練習期間が長いのでピアノに挑戦することにしました。ちなみに絵画は試験時に課題がだされるので自分でその場で構図を考えて時間内に描きおえないといけないのです。まずは保育士の友人に頼んで、教えてもらいました。少しずつできるようになってから自宅から近くのピアノ教室に週に1回通い、ひたすら課題曲の練習に励みました。そして2年目の受験では筆記が通り、実技へと進むことができ、読み聞かせも合格!しかしピアノであと1点足りなくて不合格に。最後のチャンスに向けて一年間はピアノ練習のみに打ち込み、3年目にしてやっと合格して保育士になれた私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です