幼稚園教諭、保育士の仕事は大変で激務!?

Leave a comment

 「幼稚園の先生って楽しそうだね」「子どもと遊んでいるだけ」なんてたまに言われますけど、それだけではないです!!大変で激務と言ってしまうとなりたいと思っている方が嫌になってしまいそうですが、やっぱり8年間働いても正直大変です。

 

 何がそんなに大変なのか?

  

 まずは、朝が早い!!私の幼稚園では7時半には出勤して、バスに乗って子どものお迎えに行っていました。バスはバスの先生がいる幼稚園もあるので、バスに乗らないところはもう少し遅いのかもしれませんが、今は早朝から預かったりすることも多いので、大体が遅くても8時半くらいまでには出勤だと思います。

 

 他には、毎日のする事を考えて、用意しておかなければなりません

 毎日同じことなんて子どもは飽きてしまいます。しかも、1日の中でもずっと同じ事ができるほど集中力はまだないですし、いろんな事を取り入れなければなりません。幼稚園によっては、学年ですることは決まっているところもありますが、それも事前に話し合ったりする時間がいります。

 準備にたくさん時間を要するのです。

 それも毎日の事だけでなく、行事の前になるともっと大変です。行事に向けての準備は細かいところまで確認したり、作ったり、先生たちみんなでするから、気を遣ったり・・・といろいろ大変なのです。特に制作発表会の時は遅くまで残って作ったりしているところが多いみたいですよ。

 

 あと、週案、日案、お帳面やクラス通信など、事務的な仕事もあるのです。私はいつも、月末は仕事に追われていましたね・・・(;△;)泣 上手に計画を立てたり、時間を有効に使って仕事をこなしていかないといけません。

 また、子どもに何かあったら、保護者へ連絡したりもします。

 

 とにかく、子どもと遊ぶ意外にも、しないといけないことがたくさんなのです!!!!

 

 でも、その分、返ってきますけどね。

 楽しい事を考えると子どもは喜び、笑顔になります。

 行事前の準備を頑張ると、子どもも頑張ってくれて、達成感を感じられます。

 週案、日案、話し合いがあるおかげで、保育がうまくいきやすいです。

 話し合いのおかげで、先生同士での絆も深まります。先輩はたくさん頼るべし!!

 クラス通信や保護者への連絡を密に取る事で、保護者との信頼関係が築けます。

 

 大変で激務ですが、子どもたちは頑張った分だけ応えてくれます!!

 だから、私も8年間、楽しく過ごしてこれました。子どもの笑顔と成長が私のパワーの源でしたよ。幼稚園の先生や保育士目指している方は、激務だからと諦めないで、それ以上に得られるものを期待して頑張ってほしいです!!

幼稚園教諭、保育士の結婚相手はどんな人がいい?

Leave a comment

結婚相手を探す時って、いろんな条件挙げますよね。見た目はもちろん、高収入、高学歴、趣味はあるか、貯金はあるかなど・・・挙げるとキリがないですが、この仕事をしていると、やっぱり結婚相手に望むのは子どもが好きな人が1番ですね!

 自分が子ども大好きだから、同じように子どもを大切にしてくれる人がいいなって思います。もちろん他人の子どもでも楽しく遊んでくれる人がいいですが、そこまでの子ども好きじゃなくても、自分の子どもの事を想像し、「将来、野球を一緒にしたい!」「女の子だと俺は怒らない!」とか自分の子どもに対して夢を持ち、愛情を持ってくれそうな人がいいです。

 

 また、幼稚園の先生って子どもの事、保護者の事、職場の先生たちとの事など、人間関係で悩む事が多い仕事です。悩んでいる事や愚痴、失敗した事など、内に溜め込んでしまうと精神的に沈んでいく人が多いでしょう。なので、結婚相手には話を聞いてくれる人が良いと思います。別に大した答えとかはいいのです。ただ、聞いてくれるだけで全然違うので、聞き上手な人が良いです。悩んでいる事だけでなく、楽しかった事や嬉しかった事も話せる人、素敵ですね!

 

 仕事の内容や大変さを理解してくれる人だと、なお良いですね。どんな仕事もきっと大変だし、体力もいるだろうし、疲れるとは思います。幼稚園の先生だけが大変なんじゃないとは思っています。しかし、朝から何十人の子どもと遊んで、抱っこしたり、馬になったり、鬼ごっこをしたりして体力を奪われるだけでなく、子どもを預かっている責任感や保護者からのクレーム対応等、気を遣う仕事でもあるから精神的にもかなり疲れるのです。それをわかってフォローしてくれる人がいいですね。

 

 結婚してからも仕事を続けるとなると、特にそういう人がいいなと思います。仕事と家事との両立は正直、大変です。だから、仕事が早めに終わって帰宅して手伝ってくれる人か、手伝ってくれないのなら仕事が10時とか11時とか遅くに帰って来る人がいいです。遅くに帰ってくるのの何がいいの?って思いますが、遅くに帰ってきてくれると、自分が仕事から帰ってきてからでも焦らずご飯の準備とか洗濯とか出来るからです。どっちかだと思いますね!

 

 幼稚園の先生にはどんな結婚相手がいいのか、いろいろ挙げさせてもらいましたけど、8年間働き、結婚してからも続けた私が思う勝手な理想の結婚相手ですけどね。

 実際、私が結婚した人は全くそんな人ではないですから!笑(−▽−;)そんな人が良かったなっていう願望も含めて紹介しました。まだお相手がいない方はぜひ参考にして下さい!!!!

幼稚園教諭、保育士になるためのピアノの勉強法

Leave a comment

 保育士や幼稚園の先生になるためには、ある程度ピアノが弾けないと駄目です。毎日の保育でピアノは欠かせません。毎日、おはようの歌だけでなく、季節に合った歌や子どもたちの好きな歌、流行の歌など歌い、歌の時間はどこの幼稚園でも必ずあります。

 また、ピアノに合わせて、表現したり、動いたりする律動も毎日取り入れているところが多いでしょう。子どもは歌や音楽が好きです。なかなか、クラスになじめない子や自分を出し切れない子でもこの時間は好きだったり、自分をアピール出来たり、心を開いていけたりするのです。その為に、ピアノは必須です。

 

 どのように勉強したらいいのか?

 1番大事なのは楽譜を読める事です。小さい頃に習っていなくても、独自でも構いません。まずは、楽譜が読めて、それをピアノのどこを弾くのかわかる事が大事です。

 何十年とピアノを習ってきた人は、そんな事当たり前にできるでしょうし、それを自信にして、特技として生かしていったらいいと思います。しかし、習った事がない人、苦手な人はまずいろんな楽譜を読んで、弾いてみることが必要です。幼稚園の先生は難しい一曲が完璧に弾けるより、簡単でもいろんな曲を知っていて弾ける方が良いです。

 いろんな「こどものうた」の楽譜を見てみましょう。大きな本屋さんや楽器屋さんに行き、楽譜コーナーに行けば、迷ってしまうくらいたくさんあります!そこで、たくさん見比べて、自分が弾けるレベルの物を探すのです。

 

 そして、あとは練習あるのみです!!弾けば弾くほど、上手になりますし、ピアノに慣れていきます。苦手だから・・・嫌いだから・・・と言って練習を怠っては、ずっと上手になりません。毎日少しでもピアノに触れる事を意識して練習して下さい。また、間違ってもいいのです!ただ、右手だけになっても止まらずに弾けるようになる努力をして下さい。子どもは右手だけになっても歌ってくれます。止まってしまっては、子どもが楽しく歌っているのにかわいそうです。一緒に弾きながら歌えたら、子どももより楽しそうです。毎日、少しずつでもいいので、頑張って下さい♪(^^)

 

 私もピアノは苦手だったのですが、先輩に今伝えたようなことを言って頂き、朝や保育後に毎日少しでも練習をするようにしてきました。だんだん、練習が楽しくなり、難しいのにも挑戦してみようという気持ちになりました。1年目から必死に練習をしてきたので、他の先生にも「上手になったね」と言われるようになり、すごく嬉しかったです!練習の積み重ねが必ず、成長させてくれます!!

 

 最後に、簡単でもたくさん弾けたら良いと伝えましたが、面接の時には難しい曲を一曲暗譜で弾かないといけない幼稚園とかもあるので、事前にチェックして練習しておきましょう。