保育士の面接でよく聞かれる質問と回答

Leave a comment

面接対策の為によく聞かれる質問と回答をいくつか紹介しておきます。

● 自己紹介

笑顔ではっきりと目を見て答えましょう。

 あなたの短所と長所

自己分析が出来ているかを見られます。短所に対してどう対応してきたか、長所をどう生かせるかも入れてまとめておくと良いでしょう。しかし、あまり長くならないようにしましょう。

● 保育者になりたいと思ったきっかけ

「幼稚園の先生が好きだったから」「子どもと遊ぶのが好きだから」など、きっかけは簡単で良いと思います。

● 保育者になりたい理由

理由になるともう少し明確に答えましょう。「子どもを笑顔にしたい」「成長を近くで見たい」など、しっかり理由を伝えましょう。

● どんな保育者になりたいか

意欲を持っているのかどうかを見られます。保育者になったあと頑張りたい事を含めて答えましょう。「子どもたちの笑顔が毎日たくさん見れるように、子どもたちが楽しめる様な保育を考え、取り入れていきたい」「子どもたちが安心して園を楽しめるよう、たくさん触れ合い、第二の母になれるように頑張りたい。」など、子どもへの愛情はもちろんやる気を全面に出しましょう!!

● そのためにどんなことをしようと思っているか

目標を持っているかを見られます。保育士になったら、どんなことを頑張るつもりでいるのかを具体的に伝えましょう。「毎日ピアノの練習をたくさんし、子どもたちにいろんな歌を教えたり、聞かせてあげたりしたい。」「毎日子どもたちと触れ合い、1人1人としっかりコミュニケーションを取っていきたい。」「子どもたちが楽しめる遊びをたくさん探し、新しいものもどんどん取り入れていきたい。」など、明確に答えましょう。あまりにも、園の方針とかけ離れているような事は言わないように、初めからしっかり園の方針はチェックしておくようにしましょう。

● なぜこの園を選んだのか

「近いから」「知っている先生がいるから」など安易な答えは駄目ですよ!園と考えが合っているか、園の事を知っているかなどを見ています。「母園で思入れが深く、いつか先生として戻ってきたいと思っていたから」「実習をさせて頂き、先生方の保育を見て、ここで学んでいきたいと思ったから」「音楽教育に力を入れているところに魅力を感じ、自分の得意なピアノも生かせると思ったから」など、ここがいいという気持ちをしっかり伝えましょう。

● 保育士をする上で大切だと思うこと

これはあなたの保育観と園の保育観が合っているかを見ています。「子どもを第一に考え、行動出来ること」「先生と子ども、先生と保護者、先生と先生、などコミュニケーションをしっかりとること」「子どもが安心して通うことができ、笑顔にするための努力をすること」など、子どもの事を考えられる先生である事がまず第一条件だと思うので、それを含めたことを伝えると良いでしょう。

● 仕事のやりがいはどこ

あなたの考え、人柄を見ています。「子どもと遊ぶこと」だけではやりがいになりません。子どもと遊ぶのなんて、近所の子や親戚の子とできますからね。「子どもの成長を近くで見られること」「いろんな子どもがいるので、その子に合った対応を考えたり、悩んだり、日々自分も一緒に成長していけるところ」「毎日仕事をする中で、自分の保育を見つけていく楽しさ」など、8年過ごすとたくさんありますね。参考にして下さい。

● 自己PR

これも自己分析ができているかどうかですね。自分が自信を持てる事は全面にアピールしましょう。特にピアノ、絵が得意などはアピールポイントです!また、努力家、根性がある、元気が取り柄、接客のバイトをしていたから明るさと笑顔は負けない、など、1、2つくらいに絞って、まとめて伝えるようにしましょう。

 

 よく聞かれる質問を紹介しました。とりあえず、これだけ答えられる準備をしていたら、気持ちが楽だと思いますよ。他にも思ってもいないこと聞かれるかもしれませんが、目を見て思っている事を伝えるようにして頑張って下さい!!(^▽^)

保育士の専門学校の選び方

Leave a comment

保育士になるのに、一番多い方法は保育士の資格が卒業と同時に取得できる大学や短期大学に行くことです。しかし、卒業と同時に保育士資格をとれる学校はそれだけではなく、保育士専門の学校もあるのです。

 保育士専門の学校は、大学や短期大学とどう違うのかというと、専門学校の方が実際に現場で働いた経験のある方が講師となり、実践的なことを具体的に教えてくれるので、実際に現場に行った時に活用出来ることをたくさん学ぶ事ができるのです。そのため、即戦力になる可能性が高い専門学校生の方が、就職率が大学と比べて高いところが魅力です。

 

 専門学校の中でも重視するところが違ったり、それぞれでサポート内容が違ったりするので、専門学校の特色をしっかり見てから選ぶ事をお勧めします。

 

 例えば、実習をたくさん取り入れている専門学校です。それは、実際の現場に行って、体験して学ぶ時間を多く取り入れているところです。入学してすぐに実習をさせてくれるところもあるので、すごく魅力的だと思います。実習は子どもと直接関わることで、どんな子どもがいるのか、どんな反応をするのかなど、目にする事ができるので、講義だけでは知る事の出来ない情報を得る事ができます。また、現場の保育士を近くで見て、声かけや保育のスキルを盗み学ぶ事ができるので、目標や課題が明確になってきます。実習を重ねる事で確実に保育士のスキルアップになります。

 

 他には、ピアノや律動、手遊び、お遊戯などの勉強が多い専門学校。このスキルは保育士になった時に絶対に必要なスキルです。そして、たくさん知っているほど、子どもも喜びますし、自分も保育案を立てやすいでしょう。保育士になってからは忙しいので、新しいことを取り入れていく為に勉強するまで手がいかない人もいます。なので、実際働く前からたくさんの遊びや歌を知っていると気持ちに余裕が出来るでしょう。

 

 次に就職に向けて手厚いサポートがある専門学校。就職率の高い専門学校は卒業後すぐに働けるようにサポートをしてくれるのです。

 

 専門学校を選ぶのに特色も大事ですが、学費も専門学校の特色によっては、大きく変わります。2年で卒業出来るところもあれば、じっくり勉強をし、他の資格も取ることができる3年のところもあります。2年でも幼稚園教諭と保育士の資格が取れるところもあります。

 あとはアクセス面も選ぶ基準にはなりますね。

 

 それらを吟味して、自分の合った専門学校を探す事をお勧めします。

保育士の資格を取る方法

Leave a comment

今は幼稚園教諭の資格より、保育士の資格の方が重要視されます。これから、保育園や子ども園を利用する人は増えていくので、それに伴い保育園も増え、保育士を求める園が多くなるでしょう。

 

 では、その保育士の資格はどうやって手に入るのか?

 いくつか方法がありますので、ご紹介します。

● 保育士の資格が取れる大学に通う!

時間もお金もかかりますが、1番楽な方法だと思います。なぜかと言いますと、大学なので4年です。4年もあるので、授業もそんなに詰め詰めで取らなくても大丈夫なのです。しかも、幼稚園教諭や小学校教諭などの他の資格も一緒に取れるのが魅力的です。ゆっくり勉強ができ、大学生活楽しみながら、卒業と同時に資格が取れますので良いですね!!

 

● 保育士の資格が取れる短期大学、専門学校に通う!

これは通学期間が大学の半分なので、時間とお金を半減出来ますね。それなのに、保育士と幼稚園教諭の資格が両方取れるのです!その代わり授業が遅くまであり、4年で学ぶものを2年で学ぶので勉強がハードかもしれません。ただ、保育士の資格だけで良いのであれば、もう少し楽だとは思いますよ。私は短大に通うのであれば両方取る事をお勧めします。もし「子ども園」で働くとなると両方持っている方が園にとって都合がいいので、採用してもらいやすくなりますよ。短大も卒業と同時に資格がもらえます

 

● 通信制の学校

こちらは大学や短大に比べ、学費が安いです。勉強内容は少ないかもしれませんが、こちらも卒業と同時に保育士資格がもらえます。選ぶ学科によっては他の資格も取れたりします。

 

● 保育士試験を受ける

独自で勉強をして、保育士試験を受けて、資格を取得する方法です。学校に通わない分、格安です。ユーキャンや通信講座を利用して勉強する人が多いですが、それでも学校に行くよりは安いですよね。しかも、自分のペースで勉強できるので、他の仕事をしながらでも勉強はできます。しかし、筆記試験が8科目あり、全て合格しないといけません。1回試験を受けて合格した分は、3年間免除してもらえるので、3年の間にしっかり勉強して受からないとまた1からになるので大変ですね!でも、免除してもらえるのは大きいですよ!科目を絞って勉強する事ができますからね。最後の1年に焦らないように、初めの1年目にたくさん合格しておきたいですね。

 

 保育士の資格を取る方法はこれだけあります。自分の環境や時間に合った道を選び、最後まで諦めずに頑張ってほしいです(^^)