保育士から転職するときの自己prを上手にする方法

Leave a comment

保育士から違う職に転職する時、履歴書や面接で保育士であった自分をどうアピールするか、すごく大事な事です。そこで、どんな所をアピールすると良いのか、いくつか挙げたいと思います。

 

 まずは、保育士をして得たことを伝えます。保育士は子どもや保護者、職場の先生など、毎日人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力が多いに必要な職です。なので、今までどんな保護者と出会い、どのように接してきて、どんな風に思われていたか、先生同士の中ではどんな役割だったのか、どんな動きをしていたのか、などを伝えましょう。コミュニケーション能力は他の職であっても、重要視されるところです。特に接客業や営業などは大事にするでしょう。

 

 次に保育士は精神的にも肉体的にも疲れる仕事です。それを乗り越えてきたということも大きなアピールポイントです。なので、「毎日10キロ以上ある子どもを抱っこしたり、おんぶしたりしてきたので、体力には自信があります!」「先輩先生や保護者に厳しい言葉を頂く事もあり、それで落ち込むだけでなく、真摯に受け止め、成長してきました。そのため、精神的にも強くなりました!」など、意欲を含めて伝えましょう。

 

 また、保育士はどんな事があっても子どもの前では毎日、笑顔と元気で過ごすのが当たり前の仕事です。そこも、アピールポイントになるのではないでしょうか?服装、身だしなみをきちんと整え、目を見て、笑顔で質問に答えるように意識しましょう。姿勢も大事ですからね!

 

 保育士をしていたことでプラスになることもたくさんありますが、転職で事務職に・・・となると不利な事もあります。それは、事務仕事に必要なパソコンができないと思われる事です。事務仕事にはパソコン、コピー、書類整理等が不可欠です。なので、即戦力にはなりにくい保育士だった人は採用されにくいかもしれません。ですが、しっかり事務仕事に対する思いをアピールすること、それに対して努力をしていることを伝えることで見方が変わります。「仕事を辞めてから、パソコンの資格をとる学校に通っています。」「パソコンを買い、ブラインドタッチを練習しています。」「学校で勉強したのでWordExcelの知識はありますが、これからさらに勉強したいと思っています。」など、伝える事で意欲と可能性を感じてくれるでしょう。

 

 1年でも保育士の仕事をしていたことを誇りに思って、転職を考えている方は参考にして頂き、笑顔で頑張って自己アピールしてください!!(^▽^)

保育士、幼稚園教諭の職場での人間関係

Leave a comment

女性が多い職場なので、正直みんなが仲良し!というところは少ないと思います。女子特有のグループを作ったり、新人は使えないとしか思えなかったり、ライバル意識を持って敵対し合ったりなど・・・いろいろあります。だからと言って、せっかく叶った自分の夢なのだから、すぐに辞めたりしないでほしいです。どう切り抜けていくか、先輩も後輩も経験した私なりのアドバイスを紹介したいと思います。

 

挨拶は自分から元気に!

 どこも一緒だと思いますが、「おはようございます。」「お疲れさまです。」はもちろん、「ありがとうございます。」「お忙しいところ申し訳ないです。」など、しっかり伝えましょう。この社会人の基本は1番大事です。

何でも率先して動く!

 でも、1年目の時って何をしたらいいかわからないですよね。なので、事前に聞いておくのです。先にどんな事をするのか知っておくだけで、1年目でもできることがたくさんあります。考えずにはなから「何したらいいですか?」「何かありますか?」と聞かれても、ちょっとは考えて動こうよってなりますからね。

何事も一生懸命に取り組む姿勢を見せる

一生懸命な姿を見ると、頑張っているんだな、教えてあげようかなって気持ちになります。

素直にアドバイスを受け止める!

 これって先輩に可愛がられるかどうかの大事なポイントだと思います。せっかくこっちも考えてアドバイスをしているのに「それやりました。」「知っています。」「そうなんですけどね。」みたいに返されたら、正直腹が立ちます。どんなアドバイスであれ、「そうですね!」「ありがとうございます!」と謙虚に感謝の気持ちを伝えましょう。

悪口に乗っかりすぎるのはやめましょう!

 悪口が大好きな人はいます。そして、派閥がある幼稚園とかでは、そうやって仲間を増やしていこうという人もいます。乗っかり過ぎるのはよくないですが、聞くのは大事です。そんな意見もあるんだくらいに受け止めましょう。

 

 全員と仲良く、全員に気に入られようと思うのは難しいです。人はそれぞれ考え方や価値観も違いますし、合う合わないがありますからね。

 私は同期が何人かいたので、同期には心開いて何でも言えていました。同期は大切にすべきです。やっぱり同じ立場の同じ状況をわかってくれるのは、同期です。ただ、あからさまにつるんでいるのは、先輩からしたらいい気はしません。大学生じゃないんだから・・・と思うので、そこ社会人として、時と場所はわきまえた方がいいです。

 そして、私は全員に好かれるのではなく、自分と合う1人の先輩をずっと慕って、憧れていました。先輩も特別、可愛がってくれていました。プライベートでも遊びますし、辞めてからも繋がっています。そういう先輩が一人でもいたら、きっと人間関係もあまり悩む事ないかもしれませんね。始めから、先輩と仲良くなれると思わず、少しずつ距離を縮めていけばいいのではないかと思います

 

 紹介したポイントを少し頭に入れておいて頂けたらと思います(^^)